FC2ブログ

そう…いまだに…

完治には程遠い?…
体調を崩したのはもう…
一月も前の事…
でも…そこから咳きこむのが治らず…
病院は行ってますが…
ぜん息も持っている所為で治りが遅いと…
咳で死ぬかと思う事もあるので…
早い回復を望む…HiRoKiであった…。

CM観ていて、ついつい衝動買い…
いや…衝動予約買い…
スイッチのゼルダの伝説・夢を見る島が懐かしく…
そして…
やりたくなってしまい…
スイッチ・ライトを購入しちゃいました…
痛い出費だ…(´;ω;`)

実に懐かしい…
初めての発売の時も発売日に買った記憶が…
そして、ゲームボーイ・カラー版のDX…
あぁ…懐かしい…

ゼルダシリーズが好きでして…。
始めてプレイしたのはスーファミの神々のトライフォース…
今もなお名作ですね…。
ファミコンのゼルダもやりましたね…
リンクの冒険は…初めの方だけ…
㎇シリーズは他に…ふしぎの木の実…。
大地の章も時空の章も…
アドバンスのふしぎなぼうしも…
やっていないのにソフトは持ってる…ってのも…

HiRoKi的には、3Dよりは、2Dの感じが好きです…
マップをぐるぐるしながら上からとか斜めから観る
あの感じが…やはり、ゼルダな感じがするので…

とまぁ…少々懐をえぐられた買い物でした…。

そうそう…
衝動買いと言えば…
旧HG シリーズのガンダムを手に入れました…。
これです↓
20190927_023533.jpg
これと言って別に作る気は無いのですが…
なんか…もう製造されてないのか~……
と思ったら…つい…
元の定価が1,000円…
購入時は800円…
20%OFFですか…状態は結構良い方でしたので…
保存用にしておくには良い方かも…。
パッケージ…妙にカッコいいな。

そう言えば…昔作った記憶は…無いかも…
発売当時は、HiRoKiはBB戦士にハマっていたので…

発売は何と…1990年…
今回購入したのは…
2001年の発売でラスト・ショット版です…。
違いは…よく分からないですが…

値段はHGUC・21もリバイヴ版も同じ…
違うのは、当時の税率…3%とか5%とか8%とか…
そして…ついに来月は10%……
高くなるのね…色々と…
同じ値段でこうも作りが違うのか…
時代はスリム化が進んでいますね…。
昔のはがっちりしてる…。

では、お待ちかね?…の、
今日のガンプラのコーナーwww
本日、ご紹介致しますのは…
こちら↓

20190821_040504.jpg
EMS-10 ヅダ ウォルフ・ガング専用機 です。
対艦ライフルが長すぎて入りきっていませんね…

20190821_040526.jpg
左から。

20190821_040613.jpg
右から。

20190821_040552.jpg
後から。

はい、今回ご紹介致しますのは、
ヅダ・ウォルフ・ガング専用機です。
こちらの機体は、漫画「機動戦士ガンダム 黒衣の狩人」に
登場する機体で、
ジオン軍所属のウォルフ・ガング少佐の専用機です。
狩人部隊という部隊の隊長で黒いパーソナルカラー…
敵味方問わず、「黒衣の狩人」と呼ばれている人物です。

ジオンのエースパイロットで無益な殺生は好まず、
敵に猶予を与える程の人道的な一面があったが、
連邦の卑怯なパイロットとの戦闘で民間機を攻撃してしまい
自身も死のふちに立たされると言った経緯を経て、
敵を見捨てる様な冷徹な人物になってしまう…。

元々はザクに搭乗していたが、大破してしまい、
倉庫に眠っていた不採用機のヅダを専用カラーにし、
搭乗した。
20190821_040719.jpg
パーソナルマークは、「ウサギを咥えた狼」
近接戦を得意とするが、対艦ライフルを使用している。
真っ黒だ…。

何回もホコリを飛ばしたのに、黒だから目立つな…
いつもバックは黒なんですが、今回はブルーバック…
気分的に…?…

とまぁ、今回の機体は
パーソナルマークが自作デカールですが、
他はリペイントですので…簡単改造ですね…
色的にも黒ですし…
他は、アンテナ部分が特徴的ですね…
漫画で描かれているのは安全基部?…
という事で、アンテナはキットそのままです…
シャープ化したい人もいるでしょうが…
この機体に関しては、残すのが設定に近い形です…。
もしかして…作者はプラモ見ながら描いた?…

では、今回はこの辺にて終わろうかと思います…。
そう言えば、また古い記事に拍手頂いてました…。
ありがとう御座います。
コメントは…相変わらず…ボッチですね…
結構、咳は落ち着きましたが・・・
今だに咳きこむHiRoKiでした・・
では、また…
じや~もん(・Д・)ノ”
スポンサーサイト



日が空いてしまいました…。

はい、
8月の最後の更新より結構日が空いてしまいました…
夏も終わりの時季に…
ガッツリと体調を崩しておりましたゆえ……(=∀=;)
もやしだとわかっておりましたが…
今回は久々に入院する可能性まで出たほどに……
ただの風邪だと思っていたら…
5日間も高熱にうなされ…
頭は割れそうだわ、味覚は落ちるは…
いまだに咳が治まんない状況……

そう言えば…1年に一度くらい…
38~40℃を超える熱にうなされている気が…Σ(; ・`д・´)
それなのに…インフルにはなった事ないとか…
意味不……。
徐々に体力も戻ってきていますので…
仕事も復帰しましたが…
去年転職してから初めて…2週間も休んだ……
2週間も休むと…なんもやる気が起きないですね……
危険だ……

そんなこんなで素組すら進める事が出来なかった
8月後半から9月初旬……

なんか、マドロックの発売が決定してた!!

幸か不幸か…改造に着手する寸前でしたので、
何とか制作の方向を変更する事に…
少しも手を付けていなかったので他の物に使えるか?…
まさか、このタイミングで6号機とは…
買いますよ…モチロン。

では、本題に入りましょう…。
多分、無いとは思いますが……
マドロックのアナウンスが入りましたので…早めに公開…

今日のガンプラのコーナーwww
本日、ご紹介致しますのは…
こちら↓…だっ!

20190821_035012.jpg
RX-78-7 ガンダム7号機 初期装備 です。

20190821_035038.jpg
左から。

20190821_035101.jpg
右から。

20190821_035050.jpg
後ろから。

はい、今回の機体はガンダム7番目の機体、
ガンダム7号機の初期装備状態です。
ゲーム「機動戦士ガンダム戦記」や
漫画「機動戦士ガンダム戦記U.C.0081 -水天の涙-」
に登場する機体です。
元々はMSVの機体なので古くからその存在は知られていますが、
ゲームで一番有名になったかな?…
でも、そんなに有名でも無いか…な?
だって…
初期装備は、MGのRX-78-2・ガンダム・カトキver.と思ってる人が
要る位だし……まぁ、MSVは大河原邦男氏だけど、
近年のゲームなどはカトキハジメ氏だから…
ちょっとは似てるか…ガンダムだし…

パイロットは、ユーグ・クーロ大尉
地球連邦軍特殊部隊「ファントムスイープ隊」の隊長です。
ジオン軍・エリク・ブランケ少佐の搭乗するイフリート・ナハトや
高機動型・ゲルググとの戦闘をした機体ですね。

起動テスト時には、シェリー・アリスン中尉がテストパイロットを
務めていたが、実は極秘作戦を実行する為に潜入していた
ジオンのスパイであるタチアナ・デーアだった事が知れ、
少しの間、機動力を制御されていた事もある機体です。

お馴染み?…
HGUCではフルアーマー・ガンダム7号機が
発売されていますね…。
ゲームの発売時に同じく発売されたので、
ゲームに多く登場する装備での発売だったのでしょうが…
ノーマルベースのパーツ組み換えでフルアーマーになる様に
して欲しかった…と、思う人が多かったと思います。

制作にはモチロン、
HGUC・98 フルアーマー・ガンダム7号機をメインに、
違う箇所をプラ材で制作しております。
唯一、形状変更が難しいと思った
足部分のガードとスリッパは、
HGUC・113 ジム改の物を使っております。

出来る限りHGUCのフルアーマーを外していく形で
改造しておりますので…ちょこちょこ改造が多かったです。
カラーリングはゲーム登場の色風に仕上げたつもりですが…
淡過ぎたかな…薄く感じます…。
4・5号機を完成させた後に諸事情で入手しました、
完成品・ジャンクのFA・7号機をどうしてもノーマルが欲しくて…
思い立ちで改造し始めたのが切っ掛け…

胸のダクトが一番難しかったかも………。

ガンダムでは7番目…
フルアーマー・ガンダムとしては3番目の機体…
その上の重装フルアーマータイプもあるこの機体…
重装型は…作りません!!

という事で…
この更新をやりながらも咳きこんでいるHiRoKiでした…。
じや~もん(・Д・)ノ”
プロフィール

HiR○Ki

Author:HiR○Ki
読みは普通に=ヒロキです。
生息地=群馬県
頻繁出没地=群馬、埼玉、栃木、東京
ソウル・ドリンク=コーラ

私の作品は手の込んだジオラマとかではなくて、コレなら誰でも出来そうかな~的な、なるべく本家の設定に近い形で制作しております。飾る際は、立ち姿をメインにしています!これ大事!自分の様に直立ちで飾りたい人って…いますよね?
素組と並べても違和感無いような感じで作っています。

褒められると伸びる!…HiRoKiです。

注意:当ブログ内の画像類の一切の無断転載を禁止致します。
転載希望や、無断転載を発見された方は御一報頂ければ
幸いです。

また、リンクはフリーですが、御一報頂ければ嬉しいです。

カテゴリ
アクセスカウンター
2017/12/31より統計
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント