FC2ブログ

転職は上手く行ったのか?…

はい、先月末からバタバタでしたが、
何とか少しづつ落ち着き始め…
改造作業もちょいちょい始められるほどには…

色々と思う所があり、転職の為バタバタしておりましたが、
新しい場所は…今の所良い所です。
ですが・・やはりバタバタの所為で金銭面に影が…
そこに来て…ガズL・Rがプレバン…
まぁ、来年だから何とかなるかな……ちと不安…
上手く行ったのかどうかが分かるのは、
もう少しかかりそうですですね…。

ガンプラを改造していて思ったのですが…
苦労して出来た個所を易々と制作している
方を観ると……
本当に力量の無さを感じます…
もっと簡単に…と思ってみても、
お高い工具が必要だったりとかならまだ
納得いくのですが…
手先の作業になると…限界があります…
あぁ…無常…
コツコツとやるのです…

では、ここいらで本題の…
今日のガンプラのコーナーwww
本日ご紹介致しますのは~
コチラ~↓

DSCF3310.jpg
RGM-86R ジムⅢ・ディフェンサー エスター専用機です。

DSCF3312.jpg
後から。

DSCF3311.jpg
左から。

DSCF3313.jpg
右から。

はい、こちらは、
漫画「機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス」に登場する
カラバ所属のジムⅢ・ディフェンサーです。
Mk-Ⅱに装備されるG・ディフェンサーを装備した機体です。
ガンダムに装備するとスーパー・ガンダムなのに、
ジムⅢはスーパー・ジムⅢにはならないのね…?
コチラの機体は、
カラバの戦艦、デルフォイのMS部隊隊長の
エスター・マッキャンベル少尉の専用機です。
エスター少尉は、元ティターンズの少尉だったらしいです…
その事は、小説「ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者」に
載っているらしいですが…
HiRoKiは、漫画版を…読もうとしたら一巻出た所で休載…
なので…未読です…

とりあえず、前回のリゲルグ(イェーガー)と同じ漫画に
登場するので、リゲルグを制作した後に続いて制作。

DSCF3315.jpg
何気にこのカラーリング好みです…

制作にはもちろん、
HGUC・126 ジムⅢ を使用しております。
そして、
HGUC・35 スーパーガンダム のG・ディフェンサーを
そのまま使用しております。
バックパックが、ジムⅢのモノではディフェンサー装備が
出来ませんので、Mk-Ⅱのバックパックを使用しております。
バックパックは、そのまま装備出来ますので、
リペイントがメインの改造ですね。
銃の持ち手がストレートだと…手首が可哀そうですね…

とまぁ、色合いは良いのですが、
何分場所を取る…
バリエーションとしては良いのではないでしょうか?

では、よく分からないまま今回はこの辺にて…
じゃ~もん(・Д・)ノ”
スポンサーサイト

何をやるにも…

はい、こんにちは?…こんばんは?…
AM.3時過ぎは…こんばんは…かな?…
AM.4時位はおはようですか?…

とまぁ…そんな事は置いといて…
ごたごたしていた先月から、やっと落ち着いてきた
今日この頃ですが…
何をやるにも先立つものが…

ガンプラ改造を劇的に改善しようと工具を見て来ましたが…
やはり、良い物はお高い…
いつも見ては諦めるの繰り返し…
安くても使い慣れている工具が…HiRoKiにはお似合いかも…

そして、いくつもある趣味の一つ、
アクアリウムもそろそろ手直ししたいのですが…
なかなか良い感じに出来ず…
ゴリゴリに手の込んだモノではないのでそこそこでやっていますが、
生き物ですので、なかなか思い切った行動は出来ず…
現在は、60cmの水槽を三つと30cmの水槽を一つ使っています。
DSC_0034.jpg
その内の一つのメイン水槽ですが…
写真は全盛期…
水質はかなり落ち着いていて、水替えはほとんどなく、
水を足すくらいしかしていないです。
飼育しているのは、グッピーとアルビノコリドラス、
コリドラスパンダ、石巻貝、ミナミヌマエビです。
他の水槽には、ドジョウとラムズホーンの原種がいます。

現在のメイン水槽は、写真程綺麗では無く…
水草よりもウィローモスと言うコケが生い茂っています…
その所為でほとんどの水草は絶え…
緑の乏しい水槽に…
なので、そろそろ水槽も手直ししつつ良い感じのモノを
立ち上げたい感じです…
グッピーとラムズホーンが爆発的に増えるのでグッピー用に
一つ水槽を使っていましたが…
混種過ぎて奇形が多くなり、弱い物が増え…
一つの水槽は絶えました…
ずっと飼育しているとオスが少なくなるのか、
たまたまオスが少なかったのか?……
メスの数が多くなり、気づけば減少していたので、
やむを得ず一つの水槽にまとめた…
と言うのがホントですが…一時は6匹まで減ったのが
飼育の難しさを考えさせられました…。
まぁ、一般的なグッピーは基本的には飼育は容易な種で、
グッピー算式とか言われる事もある位、
爆発的に繁殖する種類なんで、掛け合わせて良い物を…
とか、血統書なんかを気にしなければ簡単なのですが…
6匹になった時は焦りました…
なんせ、雑種が4匹でフルブラックと言う種のメスが2匹…
もう、血統書のペアは居ない…
生体の維持を考え、苦肉の策で混泳させて…繁殖してます…
血統書の種は繁殖数が基本少ないです…
普通の雑種は多いと100匹とか生むのに…

ミナミヌマエビは、一般的な川にいるエビで、
家に居るのは川で採取した物が増えたモノを飼育しています。
一時期、レッドチェリーシュリンプを飼育していて、
繁殖もしていたのですが、数が減り…
ミナミヌマエビとは違う種だから混雑はしないと言うのを信じて
混泳させたら…見事に混雑…
現在は、ミナミヌマエビの親からまれに赤い種が生まれます…
別に飼育下での出来事ですので水槽内が華やかになるなら
気にしませんが…
皆さん、自然界には出さないように気を付けましょう!!

という事で…長々と書いてもあれなんで…
基本的に、水槽をいじりたいな~っていうお話しでした。

では、本題の…
今日のガンプラのコーナーwww
本日ご紹介致しますのは~
コチラ~↓

DSCF3321.jpg
MS-14J リゲルグ オーラフ・デール機 です。

DSCF3325.jpg
後から。

DSCF3327.jpg
左から。

DSCF3326.jpg
右から。

はい、こちらは、
漫画「機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス」に登場する
“アクシズの騎士”オーラフ・デールの専用機です。
リゲルグです。
本来は、MS-14 ゲルググを原型としたモノがリゲルグとして
登場しますが、
オーラフ機は、MS-14JG ゲルググイェーガーを原型に
している機体のようです。
オーラフは、一年戦争末期に学徒兵としてMS-14Aに乗り、
一年戦争後の残党軍でMS-14JGに搭乗…
漫画の時期にはMS-14Jのリゲルグに搭乗しているようです。

多分…搭乗していたイェーガーを機能向上する為に、
リゲルグへと換装したのがこの機体で、
ワンオフ機体なのだと予想しております…
ただでさえ基本スペックが高いイェーガーをリゲルグへ…
通常のリゲルグより機能的には高いハズです…

DSCF3323.jpg
ホコリが写ってる…(=∀=;)
元々のイェーガーカッコいいので、
このリゲルグも良い感じですね。

改造には、
HGUC・45 ゲルググJ を使用し、
リゲルグパーツは、旧キットの
1/144 リゲルグ の肩・バックパックと、
腕部のグレネード・ランチャーを使用しております。

プレバンでHGUCのリゲルグは発売されましたが、
肩のバインダーが予想より大きく…
限定品と言うのもあり使用はしませんでした…
現在は旧キットも手に入り易くなっていますし、
安いしで、改造にはコチラが良いと…
バインダーが丁度いい大きさですし…

当たり前ですが、そのままでは接続出来ませんので、
バックパックは接続部分を平らにしてプラ材で
接続部を制作しています。
後は、センサー部にメタルシールを貼っています。

肩バインダーは、プラパイプを使って元のイェーガーの
肩の接続部にハメ込む形にして差し込んでいます。
3つのバーニアはウェーブの改造パーツを使用しています。

腕のグレネード・ランチャーは、プラ棒で接続しています。

ほかは、
ビーム・マシンガンのスコープ部分をクリアパーツに変更。

漫画の絵にはエンブレムは無かったので、
今回は何も貼っていません。

以前制作したリゲルグは、
旧キットの説明書通りのカラーレシピで塗装し
コレジャナイ感をメチャメチャ味わったので…
今回は、以前発売されたゲルググ改造キットの
HGUC・ゲルググ換装キット・リゲルグの
カラーレシピで塗装しました。
このキット…専用ライフルまで付いていて以前までは
欲しいと思いましたが…
ガレージキット故…高すぎです…
しかも、絶版…
まぁ…HiRoKiは旧キットで満足です。


観覧環境で写真が結構違いますね…
スマホで観たら暗かったし…
観辛い写真で申し訳無いですが、
引き続きご観覧頂ければ嬉しいです。

では、今回はこの辺にて…
じゃ~もん(・Д・)ノ”

台風来過ぎ……

最近、強い台風が列島横断して行きますね…
被害が大きいか小さいかというのは大きな問題ですが、
台風が上陸するだけで色々と支障が起きますね…
また…来るのか……?

はい、参考出品なり新商品なりの発表がありましたね~
やはり、ガズL・Rは出ますね。
そして、やっとR・ジャジャが…遅すぎじゃね?
と、ナラティブにも登場のグスタフ・カール…
ユニコーンVer…
ユニコーン搭乗の機体は殆ど立体化?
MAとかはデカいと出せないでしょうが……
そして、
エースに付録のロングライフル……
欲しいかも…でも、買ってない……

いまだにバタバタしていて塗装とか出来てない…
ドンドン塗装待ちが積み重なって…
塗装するのが面倒になるほど…
そろそろ落ち着いてくるでしょうが、
バタバタしてた所為で金銭的にヤバし……
何か売ろうかしら…?

では、本題の…
今日のガンプラのコーナーwww
in ザックザク祭り 第2弾!!おかわり三杯目!!

本日ご紹介致しますのは…
こちら~↓

DSCF3200.jpg
MS-06FS ザクⅡ・FS型 ガルマ専用機 です。

DSCF3202.jpg
後から。

DSCF3203.jpg
左から。

DSCF3201.jpg
右から。

はい、ガルマ専用のザクです。
ジオン公国軍地球方面軍の司令で大佐の
ガルマ・ザビ専用にカスタマイズされた機体で
F型とは違い、頭部に4門の30㎜バルカン砲を装備した
のがこのFS型です…
ガルマザクはMSV登場の機体で、
アニメでは登場していません。

特徴的なのは専用のヒートホークですね。
ドズル機とは異なる形で他には使用例が無さそうです…
ドズル機のは先にラル機が使用していたので、
今の所、ワンオフなのかな?

ガルマザクはHGUCで発売されておりますが、
発売時期が2002年と随分経ちますので
作り自体は今のモノと比べると…
なので、今回はドズル機と並べるのを念頭に、
高機動型・ザクをベースに制作しております。

制作には、
HGUC・34 ガルマ・ザビ専用機 のヒートホーク
HGUC・151 黒い三連星ザクⅡ の頭・身体・腕
HGUC・105 ザクⅡ F2型 のバックパックとパイプ
HG オリジン001 シャア専用ザクⅡ の脚部
を使用して制作しております。

頭部のバルカン部は、
ハイキューパーツのEZガンマズルを使用しております。
モノアイもクリアパーツへと交換してあります。
今回も、プレバン限定のMG版のデカールを見本に
自作でデカールを制作して使用しております。

基本カラーが地味なのでちょっと味気は無いですが、
陸戦用カラーと考えると納得できるカラーリングです。
が…式典用とかで使用するのがメインだと…
やはり、地味ですね…

DSCF3269.jpg
ドズル機と並ぶと…
ロイヤル感が…薄いですね…

DSCF3270.jpg
でも、渋い!!

一応、ドップ砲もバズーカ砲も用意はしましたが、
ディスプレイ時にはワンパターンで使用しないので、
今回は写真はありません…

本当は、9月中にはザックザク祭りを
終わらせたかったのですが…
更新できませんでしたので…
という事で、
今回でザックザク祭り第2弾とおかわりは終了です。
長々とザクのみで申し訳御座いませんでした。
次回の更新時は…何載せよう…?

では、今回はこんな感じで…
じゃ~もん(・Д・)ノ”
プロフィール

HiR○Ki

Author:HiR○Ki
読みは普通に=ヒロキです。
生息地=群馬県
頻繁出没地=群馬、埼玉、栃木、東京

私の作品は手の込んだジオラマとかではなくて、コレなら誰でも出来そうかな~的な、なるべく本家の設定に近い形で制作しております。飾る際は、立ち姿をメインにしています!これ大事!自分の様に直立ちで飾りたい人って…いますよね?
素組と並べても違和感無いような感じで作っています。

褒められると伸びる!…HiRoKiです。

注意:当ブログ内の画像類の一切の無断転載を禁止致します。
転載希望や、無断転載を発見された方は御一報頂ければ
幸いです。

また、リンクはフリーですが、御一報頂ければ嬉しいです。
相互リンクは内容などの場合により致しますが、
同系統のブログ様優先にて失礼します。

カテゴリ
アクセスカウンター
2017/12/31より統計
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント