FC2ブログ

やるかやらぬか…

現在、抱えている改造途中のガンプラが多数…
改造途中で発売が決定してしまった物がちらほらと…
改造終了して直ぐや、少し経ってから製品化の
アナウンスが掛ったものがちらほらと…・

タイトル通りに自己満足なんで良いんですが、
何度か書いてはいます通り…
制作途中の発売決定は…
やる気がホントに削がれますね…仕方ないのですが…
パーツ取りに使った余りとはまた違ったジャンクになるモノは…
悲しいですなぁ…
自己満足なんだから、完成させちゃえば?…的な事を
言われはするのですが…
一度やる気が無くなったモノを完成させるのは…
こだわりも時間も掛けなくなって、良い物は作れないですよね…
しかも、製品版が良い出来なら愛情も薄れてしまうし…
なので…ジャンク送りになるモノが多いです…

HGUCにハマるのが遅咲きだった所為もあり、
基本的に改造する物は2番煎じと言うか、
何番?煎じ的な事が多いので…
作りたい!と思う事が人より遅いのが原因ですので、
改造途中に製品化はしようがないのでしょう。

でも…
苦労したモノが易々と製品化で手に入るとなると…
複雑な気持ちになるのは…必然でしょう…
ヘビー・ガンダム…出るのよね…
2号機仕様も作れるとか…
あれ?…色黒くない?…2号機カラーなのかな?
オリジンカラーなのかな?…
あのあずき色がヘビー・ガンダムと言う印象が強いし、
MGでもあのカラーだったから…黒いのはイメージとなんか合わない…
ん~……買うけど…ね…。

はい、では製品化されるか分からない機体…
もしかしたらもあるかもしれないので…早めにご紹介しましょう…
多分、されないのでしょうけど…

今日のガンプラのコーナーwww
in ジムジム祭り ~ 2018 Winter~最終回
本日ご紹介致しますのは…
コチラ↓


RGM-86R ヌーベル・ジムⅢ
DSCF3219.jpg
後から。
DSCF3218.jpg
左から。
DSCF3220.jpg
右から。

ふぁい、今回はガンダム・センチネルのジムⅢ…
通称・ヌーベル・ジムⅢです。
通常のジムⅢは、ジムⅡの機体性能の向上と武装の追加を
施した喚起型の機体だったらしいです。
コチラのジムⅢは、設計・製造を新たに立ち上げた機体で、
ジムⅢとして新規製造されたモノらしいです…
新規製造と言う割には…ガンダムMk‐Ⅱの武装が多く
使われている気がしますが……

ジェネレータ等の向上や機動性の向上の為、
胸部の排気ダクトが4機設置されています。
その為、首が埋まっている様な形になっています。
頭部バルカンの弾数確保の為、通常のジムⅢとは形状が
異なるモノを新規設計されているようです。
ライフルやらシールド、バックパックはガンダムMk‐Ⅱと同型
の物を装備しており、前腕もMk-Ⅱのモノと同じ様です…
Mk-Ⅱの簡易生産型と言われているらしく…
まぁ…似ているのはそう言う事らしいです。

通常の喚起型ジムⅢと区別する為に、
ヌーベル・ジムⅢと呼ばれているらしいです。

そう言えば…ジムⅡって、製造の際に機体数の確保の為に、
一部、ジムを性能向上した喚起型を作ったって…
ジムⅢがジムⅡを使った喚起型という事は…
ジムを使ったジムⅡを喚起したジムⅢが存在する…なんて事も…
在るかもしれないのかな?…
「あれ?…この新型かなり性能悪いぞ!」と思う若いパイロットや、
「新型の割にとても懐かしい匂いがするわい…」と言う、歴戦の
年配パイロットなんかが居たり…
まぁ、流石に機体イジってる人が判って喚起の除外したでしょうが…

制作は、
HGUC・126 ジムⅢを主体として、
シールド・バックパック・前腕部に、HGUC・30 ガンダムMk-Ⅱ
を使用しましたが…
ビームライフルだけ、HGUC・194のMk-Ⅱのモノです…
理由は…30のMk-Ⅱの完成品ジャンクを安価で入手したのですが…
ライフルが不足しておりまして…
イエローサブマリンにて追加で購入した為です…
こんな事なら中古品で30Mk-Ⅱ未完成品を購入するべきでした…
まぁ…ジャンク品は随分前に購入してあった物で、これを使おう!
と、思ったら…ライフル欠品だった…という事です…
シールドは簡単に腕にランナーとポリキャップで接続。
バックパックはジムⅢでも良かったのですが…
若干…若干形状が違うので、設定に合わせてMk-Ⅱのモノを使用。
前腕は、少しイジってジムⅢの腕に入るように改造しました。

足のアンクルガード部は、HGUC・56 ヘイズル改の物を使用。
そのままでは使えないのでプラ材でイジっています。

頭部は、HGUC・113 ジム改の物を大幅改造しました。
改造する人により頭部に使用する物が異なるようですね…
ジムⅢそのままからとか、ジム・コマンドからとか…
ですが、ジム改を使用している方が多い様です…
ジムⅢを改造するのは大幅改造ですし…
ジム・コマンドも…やはり大変…
ジム改は結構形状も似ていますし、前回ご紹介の後期型・ジムと
ジム改・初期ジムなんかは、このヌーベル・ジムから逆算して
原稿企画されているようです…似ているはずです。

他はちょこちょことした箇所が違いますが、
プラ材やコトブキヤの改造用パーツを使用しています。

色々やっていますが一番大変だったのは…
DSCF3221.jpg
⇑この増設ダクト部と頭部ですね。

ダクト部は、頭部と干渉するので形状合わせが面倒でした…
頭部は前後に少し長いのでプラ板を挟み整えて、
センサー部の形状もプラ板にて作り整えました。
そのセンサー部に合うようにクリアブルーでセンサー部を
新規制作したのが…大仕事だったです。
ジム改のモノにパテを盛りヤスリでコシコシ…
形状を整えながら何度もコシコシ…
形状が出来たら、型を取りクリアブルーのプラリペアで複製…
最後につや出しのため2000番紙やすりでコシコシ…
本当は3000番とかコンパウンドで磨くのでしょうが…
なんせ…HiRoKiはヤスリ掛けが嫌いなようです…

何とか完成したのがこのヌーベル・ジムⅢです。
デカールやらを貼りたかったのですが…
なんかベタベタ貼るのが嫌だったので…とても控えめに…
センチネル系は文字の刻印が多いので…面倒ですね…
機体に色々書いてあるのも好みでは無いので…
控えめに…控えめに…

とまぁ、なんか下手な説明が今回は長くなりましたが、
どうせ飾るならヌーベル作ろうか…と言う安易な考えで
思い立ち制作をしましたのが今回の機体…。
いかがでしょう?…

では、ジムジム祭り第一弾はコレにて閉幕。
オリンピックに合わせて閉幕ですね。
次回はどうしよう…
では、今回はこの辺にて…
じゃ~もん(・Д・)ノ”
スポンサーサイト

不完全燃焼…

実に不完全燃焼…

18日に幕張メッセにて行われたワンフェス…
ワンダーフェスティバルに行って来ました。
最近はガンプラに時間を割いていてフィギュアの
制作・改造は遠のいていたので久しぶりに
何かあればな~と思って行きましたが…
まぁ、自分に合うものは見つかりませんでした…
いや…
見つかりはしたんですよ…
まぁ…お値段がね…良いお値段で手が出せなかった…
と言うのが本当ですね…
あと、数量の問題で売り切れだった…
実に残念ですが、それは仕方がない事…
という事で…かなり安値で販売しておりましたガンプラを数体…
また、積みが増えましたwww

とりあえず…ガンプラ作ります。

では、本題の…
今日のガンプラのコーナーwww
in ジムジム祭り ~ 2018 Winter~
本日ご紹介致しますのは…
コチラ↓

RGM-79 ジム・後期生産型 です。
DSCF3147.jpg
後から。
DSCF3148.jpg
左から。
DSCF3146.jpg
右から。

はい、今回はRGM-79 ジム・後期生産型 です。
ジム改・初期ジムときまして…
今回は、ジム後期型…
センチネル・ジムとも言われてる事もあるジムですが、
見た目はジム改ですね…

性能的にはジム改よりも高性能なようです。
HiRoKi的には…
初期ジム⇒中期生産型・ジム(ジム改)⇒後期生産型・ジム
と言うような解釈をしていました…

使用したキットは、
もちろん、HGUC・113 ジム改です。

バックパックを旧キットのジムコマンド宇宙型を使用。
ライフルは前回ご紹介しましたロングバレルです。
腰にサーベルラックを付けるので、接続部をプラ材で制作、
サーベル部はHGUC・20のジムの物があったのでビーム部分を
切り取り柄の部分のみを使用しました。
シールドもHGUC・20のジムの物を改造しています。

他にも違う箇所がありまして…
スカート横とか股間部やふくらはぎとか…
首横のダクトもジムカスタムの様な感じになっています。
なんだかんだで元のジム改がカッコいいので
この後期ジムはカッコいいですね~
トリトン基地カラーの後期ジムも良いかもです。

ジム改だけで何体作ったろ……
ジム改祭りみたいですね。

という事で…
今回はこの辺にて…
じゃ~もん(・Д・)ノ”

なんだろ…?

あれ…なんだろう?…鼻水が…
風邪?…インフル?…
え…花粉?…
いや…若干頭痛も…
あぁ…風邪か……
って…余裕こいてると痛い目見ますよ…
HiRoKiもね…

一月は制作の頻度もよく、
サクサクと制作していたのに……
なんか、二月になったら寒さのせいで腰痛出て来て
一気にモチベダウンです…
プレバンではとうとうイフリート・ナハトが予約開始…
あれ?…ピクシーは?

無印イフリートはまだ出ないんすかね?
色々と新商品がお披露目されてくるのは嬉しいですが…
改造途中の物が出ると…中途半端の出来損ないが…
積みになりますね…応用効けば他に使いたいけど……

改造の効率を上げる為に、
良い工具を使いたいけど…良い物は…お高い…
お高いからって良い物とは限らない物もあるし…
他人が良い物が自分の良い物とも限らない…けど…
評判が良いなら使ってみたい…
ラインチゼルとか…使ったことないし…
セラミックカッターとかはどんな感じなんだろ?…
何かおススメの道具ありませんか?……

とりあえず…ガンダムをプラモデルから知り、
作る方が面白かった幼少期を過ごしたので、
詳しい設定や細かい事がよく分かっていないHiRoKi…
アニメはほとんど観ていないので、キャラのアレコレとか…
ホントにわかっていないのに、
外伝系の漫画はちょいちょい読んでる…
HiRoKiの改造作品のほとんどがアニメ以外の物なのは…
その所為です…

で…今回の機体に続く訳ですね…

今日のガンプラのコーナーwww
in ジムジム祭り ~ 2018 Winter~
本日ご紹介致しますのは…
コチラ↓

DSCF3140.jpg
RGM-79[E] ジム 初期生産型 です。
DSCF3142.jpg
後から。
DSCF3143.jpg
左から。
DSCF3141.jpg
右から。

はい、初期生産型・ジムです。
知る人ぞ知る…初期ジムです…え?…前回と同じ?
いいえ…コチラは初期生産型のジムです…。
皆さんが知るジムとほぼ同時期にルナツーで生産された機体で、
見た目はジム改によく似ているので、ジム改と間違える事が多く
たまに、紹介記事のイラストにジム改が載っている事がある…
違いは性能…と言いたいが、見た目ではわからないので…
見た目の違いは、
頭部のアンテナの有無…
肩部のフックの有無…
肩・腕・前後のスカート・脚部などのくぼみ?…ディテールの有無…
サーベルの有無…
バックパックの形状の若干の違い…です。
結構違うけど…パっと見はジム改ですね…
このジムの発展型がジム改らしいですね…納得です。

武器も実体弾のブルパップ・マシンガンのみだそうで…
シールドも持っていないのですか…
スプレー・ガンとか、サーベルも持たせてもらえないなんて…
08小隊で登場したらしいですが…
装備をもうちょっとどうにかしてあげられなかったのかな……
サーベルラックは付いているのに…

さて…この機体に必要なモノ…
HGUC・113…ジム改です…言うまでもないですね…
パテとかアルテコとかプラリペアとかで
モールド埋めてヤスリで整えて、ペイント…
実にお手軽…。

前回ご紹介致しましたジム改・スタンダードカラーと
同じ、ジム色です。
ってか…同時進行でした…。
ジムは奥が深いですね…ザクもですが…

お手軽改造でマニアックな機体をお手元に!
と思ったら…このジムはいいかも…です。

では、第2弾はこの辺にて終了致しましょう…。
次回は…ジムです!!
次回も、ジムです…ジムジム祭りですからね。
じゃ~もん(・Д・)ノ”

鬼は外…福は内…

鬼は外~!…いやマジで…
福は内~!!…いや、ほんと頼んます!…
切実な願いですね…
去年が厄年か!?…と言う程悪かったので、
今年は、ホントに良い年になって欲しい…
と、思ったのがひと月前…一か月ってホントに早く感じるね…

ちょいちょい模型屋や量販店、中古店を回って
お値打ち品を探しておりますが…どこも似たり寄ったりですね。
完成品をパーツ取り用にと探したりしますが…
たまに、元値並みの価格や、下手したら元値以上…なんてのも
よく見かけます…なんでだろね?
レア品や年代品ならともかく…素組や、変な塗装品…
パーツ欠品のジャンク品なんかも高いお店があり…残念な限りです…
プラモデルの魅力は作る所から…な気がするのですが…
オークション出品とかで完成度高いモノもありますが…
定価以下で買取って、定価以上で販売するのを、
素組や欠品物でやるのは…どうかと…思うのです…HiRoKi的には…

それに関係する話しで…
とある中古品販売店にて…
イベント限定販売やプレバン限定品のパッケージで
中身が通常販売の物がそっくり入っていて、
プレミア価格がそのままつけられているお店がありました…
店員さんは買取の時に中身も確認しているのかな?
知識が無くお店が損をする…だけじゃなく、
悪意を持って中身をすり替えて買取に持って行っているとしたら、
ただの偽装行為と言う犯罪では?
指摘されなかったから言わなかった…とか、
箱が無かったから代わりに入れたものを高値で買取ってくれた…
とかでやっている人が得をするのは……ねぇ?
万が一…無いとは思いますが、店側がわかっていてやってる…
なんて…無いよね?…無いでよね。

では、気を取り直して次の話しに…
去年にザク祭り第2弾が出来なかったままで…
ザクではなく…連邦サイドに標準を合わせて…

今日のガンプラのコーナーwww
in ジムジム祭り ~ 2018 Winter~
をやりたいと思います。

まぁ…たんにジムを多く載せるよ~…って話です。

では、今回ご紹介致しますジムは…
こちら~↓

DSCF3150.jpg
RGM-79C ジム改・スタンダードカラー
—ロングバレルマシンガン装備です。—
DSCF3152.jpg
後から。
DSCF3153.jpg
左から。
DSCF3151.jpg
右から。

はい、ジム祭り第一弾は、
MGでお馴染みジム改・スタンダードカラーです。
今回の機体は、MGのオリジナル?…武器のジムマシンガンの
ロングバレルタイプを制作してみました。
HGUC版はロングバレルは付属しませんし、
以前、プレミアムバンダイで販売されましたボールとのセット品にも
付属されませんでしたこのロングバレル…
なかなかイカす…
と、思いHGUC・113をただリペイントしただけでは寂しいので
ジムマシンガンをロングにしてみました。

コチラ↓…が、改造前と塗装前のマシンガン…
DSCF3138.jpg
白いのがプラ材、青いのはランナーをリサイクルで使用…

MGの説明書記載の情報を元に制作しました。
それなりに出来たかと…思います。
問題は…
このマシンガンをジム改付属の持ち手では持てない事…
で、探して見つけたのが…
陸戦型ガンダム陸上セットのジム用の持ち手…
手首部分が可動するやつです。
これは、ジムスナイパー2ホワイトディンゴにも付いてくる
モノです…プレバン品のヤツですね。

この持ち手はスナイパー系には持って来いですね。
銃の後部分が長いと本体と干渉するので脇に挟むように
ずらせるこの持ち手は…おススメです。

スタンダードカラーにロングバレルマシンガン…
MGのパッケージを思い出しますね。
プレバンでスタンダードカラー出した時に何故…
この武器ではなく、ボールとセットだったんでしょう?
しかも、色分けの都合でバックパックが本体と同じ赤だった…
初期のプレバン品は手抜き度が今以上でしたね…
今なら、手抜きでもその部分だけ色違いを入れる…
余剰パーツありきで作ったでしょう…
いや、その部分だけ分けられるように型の段階で分けてるかも…

ジム改はHiRoKiの好きな機体の一つですので、
こんな感じですがスタンダードカラーの制作いたしました。
コレでジムジム祭り第一弾は以上です。
次回、第二弾は…知る人ぞ知る…
じゃ~もん(・Д・)ノ”
プロフィール

HiR○Ki

Author:HiR○Ki
読みは普通に=ヒロキです。
生息地=群馬県
頻繁出没地=群馬、埼玉、栃木、東京

私の作品は手の込んだジオラマとかではなくて、コレなら誰でも出来そうかな~的な、なるべく本家の設定に近い形で制作しております。飾る際は、立ち姿をメインにしています!これ大事!自分の様に直立ちで飾りたい人って…いますよね?
素組と並べても違和感無いような感じで作っています。

褒められると伸びる!…HiRoKiです。

注意:当ブログ内の画像類の一切の無断転載を禁止致します。
転載希望や、無断転載を発見された方は御一報頂ければ
幸いです。

また、リンクはフリーですが、御一報頂ければ嬉しいです。
相互リンクは内容などの場合により致しますが、
同系統のブログ様優先にて失礼します。

カテゴリ
アクセスカウンター
2017/12/31より統計
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント