FC2ブログ

やるかやらぬか…

現在、抱えている改造途中のガンプラが多数…
改造途中で発売が決定してしまった物がちらほらと…
改造終了して直ぐや、少し経ってから製品化の
アナウンスが掛ったものがちらほらと…・

タイトル通りに自己満足なんで良いんですが、
何度か書いてはいます通り…
制作途中の発売決定は…
やる気がホントに削がれますね…仕方ないのですが…
パーツ取りに使った余りとはまた違ったジャンクになるモノは…
悲しいですなぁ…
自己満足なんだから、完成させちゃえば?…的な事を
言われはするのですが…
一度やる気が無くなったモノを完成させるのは…
こだわりも時間も掛けなくなって、良い物は作れないですよね…
しかも、製品版が良い出来なら愛情も薄れてしまうし…
なので…ジャンク送りになるモノが多いです…

HGUCにハマるのが遅咲きだった所為もあり、
基本的に改造する物は2番煎じと言うか、
何番?煎じ的な事が多いので…
作りたい!と思う事が人より遅いのが原因ですので、
改造途中に製品化はしようがないのでしょう。

でも…
苦労したモノが易々と製品化で手に入るとなると…
複雑な気持ちになるのは…必然でしょう…
ヘビー・ガンダム…出るのよね…
2号機仕様も作れるとか…
あれ?…色黒くない?…2号機カラーなのかな?
オリジンカラーなのかな?…
あのあずき色がヘビー・ガンダムと言う印象が強いし、
MGでもあのカラーだったから…黒いのはイメージとなんか合わない…
ん~……買うけど…ね…。

はい、では製品化されるか分からない機体…
もしかしたらもあるかもしれないので…早めにご紹介しましょう…
多分、されないのでしょうけど…

今日のガンプラのコーナーwww
in ジムジム祭り ~ 2018 Winter~最終回
本日ご紹介致しますのは…
コチラ↓


RGM-86R ヌーベル・ジムⅢ
DSCF3219.jpg
後から。
DSCF3218.jpg
左から。
DSCF3220.jpg
右から。

ふぁい、今回はガンダム・センチネルのジムⅢ…
通称・ヌーベル・ジムⅢです。
通常のジムⅢは、ジムⅡの機体性能の向上と武装の追加を
施した喚起型の機体だったらしいです。
コチラのジムⅢは、設計・製造を新たに立ち上げた機体で、
ジムⅢとして新規製造されたモノらしいです…
新規製造と言う割には…ガンダムMk‐Ⅱの武装が多く
使われている気がしますが……

ジェネレータ等の向上や機動性の向上の為、
胸部の排気ダクトが4機設置されています。
その為、首が埋まっている様な形になっています。
頭部バルカンの弾数確保の為、通常のジムⅢとは形状が
異なるモノを新規設計されているようです。
ライフルやらシールド、バックパックはガンダムMk‐Ⅱと同型
の物を装備しており、前腕もMk-Ⅱのモノと同じ様です…
Mk-Ⅱの簡易生産型と言われているらしく…
まぁ…似ているのはそう言う事らしいです。

通常の喚起型ジムⅢと区別する為に、
ヌーベル・ジムⅢと呼ばれているらしいです。

そう言えば…ジムⅡって、製造の際に機体数の確保の為に、
一部、ジムを性能向上した喚起型を作ったって…
ジムⅢがジムⅡを使った喚起型という事は…
ジムを使ったジムⅡを喚起したジムⅢが存在する…なんて事も…
在るかもしれないのかな?…
「あれ?…この新型かなり性能悪いぞ!」と思う若いパイロットや、
「新型の割にとても懐かしい匂いがするわい…」と言う、歴戦の
年配パイロットなんかが居たり…
まぁ、流石に機体イジってる人が判って喚起の除外したでしょうが…

制作は、
HGUC・126 ジムⅢを主体として、
シールド・バックパック・前腕部に、HGUC・30 ガンダムMk-Ⅱ
を使用しましたが…
ビームライフルだけ、HGUC・194のMk-Ⅱのモノです…
理由は…30のMk-Ⅱの完成品ジャンクを安価で入手したのですが…
ライフルが不足しておりまして…
イエローサブマリンにて追加で購入した為です…
こんな事なら中古品で30Mk-Ⅱ未完成品を購入するべきでした…
まぁ…ジャンク品は随分前に購入してあった物で、これを使おう!
と、思ったら…ライフル欠品だった…という事です…
シールドは簡単に腕にランナーとポリキャップで接続。
バックパックはジムⅢでも良かったのですが…
若干…若干形状が違うので、設定に合わせてMk-Ⅱのモノを使用。
前腕は、少しイジってジムⅢの腕に入るように改造しました。

足のアンクルガード部は、HGUC・56 ヘイズル改の物を使用。
そのままでは使えないのでプラ材でイジっています。

頭部は、HGUC・113 ジム改の物を大幅改造しました。
改造する人により頭部に使用する物が異なるようですね…
ジムⅢそのままからとか、ジム・コマンドからとか…
ですが、ジム改を使用している方が多い様です…
ジムⅢを改造するのは大幅改造ですし…
ジム・コマンドも…やはり大変…
ジム改は結構形状も似ていますし、前回ご紹介の後期型・ジムと
ジム改・初期ジムなんかは、このヌーベル・ジムから逆算して
原稿企画されているようです…似ているはずです。

他はちょこちょことした箇所が違いますが、
プラ材やコトブキヤの改造用パーツを使用しています。

色々やっていますが一番大変だったのは…
DSCF3221.jpg
⇑この増設ダクト部と頭部ですね。

ダクト部は、頭部と干渉するので形状合わせが面倒でした…
頭部は前後に少し長いのでプラ板を挟み整えて、
センサー部の形状もプラ板にて作り整えました。
そのセンサー部に合うようにクリアブルーでセンサー部を
新規制作したのが…大仕事だったです。
ジム改のモノにパテを盛りヤスリでコシコシ…
形状を整えながら何度もコシコシ…
形状が出来たら、型を取りクリアブルーのプラリペアで複製…
最後につや出しのため2000番紙やすりでコシコシ…
本当は3000番とかコンパウンドで磨くのでしょうが…
なんせ…HiRoKiはヤスリ掛けが嫌いなようです…

何とか完成したのがこのヌーベル・ジムⅢです。
デカールやらを貼りたかったのですが…
なんかベタベタ貼るのが嫌だったので…とても控えめに…
センチネル系は文字の刻印が多いので…面倒ですね…
機体に色々書いてあるのも好みでは無いので…
控えめに…控えめに…

とまぁ、なんか下手な説明が今回は長くなりましたが、
どうせ飾るならヌーベル作ろうか…と言う安易な考えで
思い立ち制作をしましたのが今回の機体…。
いかがでしょう?…

では、ジムジム祭り第一弾はコレにて閉幕。
オリンピックに合わせて閉幕ですね。
次回はどうしよう…
では、今回はこの辺にて…
じゃ~もん(・Д・)ノ”
スポンサーサイト
プロフィール

HiR○Ki

Author:HiR○Ki
読みは普通に=ヒロキです。
生息地=群馬県
頻繁出没地=群馬、埼玉、栃木、東京

私の作品は手の込んだジオラマとかではなくて、コレなら誰でも出来そうかな~的な、なるべく本家の設定に近い形で制作しております。飾る際は、立ち姿をメインにしています!これ大事!自分の様に直立ちで飾りたい人って…いますよね?
素組と並べても違和感無いような感じで作っています。

褒められると伸びる!…HiRoKiです。

注意:当ブログ内の画像類の一切の無断転載を禁止致します。
転載希望や、無断転載を発見された方は御一報頂ければ
幸いです。

また、リンクはフリーですが、御一報頂ければ嬉しいです。
相互リンクは内容などの場合により致しますが、
同系統のブログ様優先にて失礼します。

カテゴリ
アクセスカウンター
2017/12/31より統計
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント